顕微授精の費用やリスク

顕微授精の種類

顕微授精は、体外受精の一種です。顕微授精には、大きく分けて3種類あります。「透明帯切開法(PZD)」「囲卵腔内精子注入法(SUZI)」「卵細胞質内精子注入法(ICSI)」があります。本来、精子は長い経路を越え、卵子に辿り着き、更にその卵子の殻を突き進めるだけのパワーが求められます。

 

PZDは、外側の「透明帯」という部分だけに穴を開け、パワーが少ない精子でも通りやすくする方法です。SUZIは透明帯の内側にある透明膜の内側(囲卵腔)に精子数個、ICSIは、一番内側の卵細胞に直接精子を1個注入します。

 

顕微授精の主流は最も成功率が高いとされるICSIです。卵細胞に精子を直接注入する為、重度の男性不妊や、高度受精障害などの場合によく行われている治療法です。ただし、男性不妊が遺伝する可能性が高くなるといわれており、その他のリスクに対しても理解が必要です。

 

顕微授精によって授精し、8分裂ほどすれば性別の診断、遺伝子診断ができる為、その時点で母体に戻すかどうかの選択をすることもできます。


FXのレバレッジ

人工授精の費用・成功率・リスク